(C) satsumaimo no sato; MINAMIHASHI SHOJI.ltd









         







サイトマップ














かのや紅はるか



安納芋より甘い、自然な甘さの紅はるか


べにはるかは、2007年、しっとり系で形は良いが味は中程度の「九州121号」を母とし、味は良いが形が乱れやすい「春こがね」を父として交配して作られました。鹿児島向け、いつ食べてもおいしく肉質はしっとりで作りやすいがコンセプトでした。

焼き芋に最適で、収穫後1カ月くらいでしっとり、ねっとり、甘くなります。舌触り、のど越しがよく胸やけをぜずまるで丸ごとスイーツ。甘みが強く、自然な甘さ、冷えても硬くならず美味しいままで食べられます。

焼き芋にした糖度は、安納芋より10度ほど高く、市販のジャムに匹敵する甘さ。といって、しつこくなくあっさり、自然な甘さの紅はるかをお楽しみください。



紅はるかで六次産業化認定


さつまいもは低温でゆっくりと加熱すると甘くなる性質があります。デンプンをアミラーゼ酵素によって、麦芽糖とデキストリンに糖化される温度が70℃前後。しかし、ある温度以上になると糖化は進まなくなります。70℃前後の温度をいかに長く持続させるかが甘くさせるコツになります。「蒸す・煮る」は温度が100℃程度であるため、70℃で長時間焼く焼き芋に比べて糖度が低くなります。

当社では、通常の焼き芋焼き機ではなく特別の焼き機を使って、なるべく低温で長い時間をかけて焼き芋を作るため、通常のものより甘くなります。紅はるかの特徴を最大に生かしたことが、紅はるか焼き芋を使ったスイーツ開発での六産業化認定を受けたことにつながったと考えます。


準完全食品さつまいもの栄養


さつまいもは糖質やでんぷんが多いというイメージですが、さつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくい性質があります。ビタミンB群、E、ミネラルなども多く含んでおり、穀物と野菜の両面を兼ね備えた栄養に富んだ食品です。しかも栄養素をバランスよく含まれているため準完全食品とも呼ばれます。たんぱく質や脂肪は少ないため、他の食品でそれらを補えばバランスよく栄養を摂取できます。

エネルギー 149kcal
食物繊維 1.7g
カルシウム 33mg
カリウム 367mg
リン 38.8mg
鉄 0.7mg
ビタミンA 0.02mg
ビタミンB1 0.1mg
ビタミンB6 0.28mg
ビタミンC 29mg
ビタミンE 1.6mg




さつまいもの機能性

抗酸化作用

さまざまな病気やがん、老化にもつながる活性酸素。この働きを抑える物質が抗酸化物質で、いろいろな食品の中に含まれています。さつまいもの中にも含まれています。特に紫いもはトマトやニンジンよりも抗酸化力があります。


抗変異原性
焼魚等のこげた部分に含まれるアミノ酸やたんぱく質の加熱分解物などは変異原物質と呼ばれ、細胞の遺伝子を損傷しがんなどの変異を起こします。この作用を抑制する物質がさつまいもアントシアニンに含まれ、特に紫いもに多く含まれています。


メラニン生成抑制
マウス実験では、さつまいもにはしみやそばかすの原因になるメラニンという黒色色素の生成を抑制する効果があることが分かっています。


肝機能障害軽減効果
ラット実験では、紫いもジュースを飲用させたラットの血液中のGOT、GPT値が低下し、肝機能軽減効果があることが認められました。人においても紫いもジュースで血清r-GPT、GOT、GPT値が低下し効果が認められました。


血圧降下作用
試験管実験では、紫いものアヤムラサキ抽出液が血圧上昇に関与するアルギオテンシンⅠ変換酵素に対し強い阻害活性を示しました。人においても最大血圧140以上の高血圧の人が飲用後20以上低下する場合もありました。


整腸作用
さつまいもには食物繊維が多く含まれているため、便秘の予防に効果があります。また、生いもを切断したときに出る白い液体ヤラピンは腸のぜん動運動を促進するのに働くため便秘解消にもなります。また、食物繊維には腸がん予防や血中のコレステロール低下にも効果があります。





参考:鹿児島県農政部「さつまいも小事典」、財団法人いも類振興会「さつまいも事典」全国農村教育協会刊